読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません」に潜む罪悪感?意識して「ありがとう」に変える

いつもブログを読んでくださってありがとうございます!

ちょっと、スピよりで生きてみるイマ子です。

f:id:arnicahabit:20170424171129j:plain

あなただったらこんな時どちらを使いますか?

1.会社の人に「これお土産、どうぞ」と手渡された

2.電車の中で立っていたら、席を譲られた

3.歩いている時に、物を落として拾ってもらった 

先日ひとりカフェをしていると、隣の若い女性二人の会話が聞こえてきました。どうやら義理の姉妹のようです。義理母との関係で悩んでいるようでした。お嫁さんは「ありがとう」と言うべきところを「すみません」とつい言ってしまうことで姑関係がギクシャクしているようでした。姑だけにでなく他の人にも「ありがとう」を言うべきところでも「すみません」が出てしまうとか。「自分の中の闇が深いんですよ」と言っていたのが印象的でした。

そのままお店を出てしまったので、その後の会話がどうなったか分からないのですが、イマ子自身もそのことについて考えました。

「すみません」でギクシャクしてしまうということは、お義母さんはきっと「すみません」と言われると心地よくないのでしょうね。「ありがとう」と受け取ってもらいたい。気持ちよくエネルギーの交換をするにはどうしたらいいんだろう。。

 

イマ子は1は「ありがとう」2と3は「すみません」が出てきてしまうかもしれないと思いました。基本的には「ありがとう」派ですが、見知らぬ人に不意打ちをくらった時は「すみません」が出てくる気がします。そのあとに余裕があれば「ありがとう」も出るのですが。。

「で、ほんとはどうしたいの?」が参考になりました

子宮委員長はるさんの旦那さん、岡田哲也さんの「で、ほんとはどうしたいの?」を読んでいます。まさにそのテーマに触れている箇所がありました!

 

「すみません」が口癖の人になってる人は、【罪悪感】が本人の根底にあると書いています。そんな人には「すみません」を「ありがとう」に言い換える練習をススメています。そして、「ありがとう」を伝えた時に自分の中に起こるモヤモヤした感覚や罪悪感などに1.気がついて、2.感じて、3.解放してあげる のだそう。

 

この本、最初から最後まで「で、ほんとはどうしたいの?」を読者に問いかけ続けるのですが、「何をすべきか分からない」モヤモヤを抱えたイマ子にはとても参考になった本です。オススメの1冊です。

言われる方も「ありがとう」の方がうれしい! 

人からもらう言葉も「すみません」より「ありがとう」の方がうれしいし、パワーが出てくる感じがします。「この人のためにもっとしてあげたいっ」と思いませんか?

イマ子もつい「すみません」が出てしまいそうになったら意識して「ありがとう」にチェンジしていこうと思います!

いつも読んでいただきありがとうございます。にほんブログ村のランキングに参加中。ポチっと押していただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ