ちょっと、スピよりで生きてみる

アラフォー女性が、アロマなどの自然療法や引き寄せの法則などスピを取り入れて今を幸せに生きます。

10月12日に上陸した台風19号からの学び

今日は東京は晴れていますが、風が強いです。

テレビをつけると被害状況が明らかになり、たくさんの住居が浸水し、道路や橋が破壊されてしまいました。

ふだんテレビをあまり見ないため、台風情報もあまり気にしていませんでしたが、10日に、駅ナカにある売店の新聞に「東京8000人死亡」といったような見出しを読んで、これは緊急事態!ということで、準備をしました。

まずは、東日本大震災の時に購入したラジオが使えるかどうかを確認しました。携帯の充電機能は使えなくなっていました(穴が変わっていた)し、乾電池はもちろん電池切れでした。でも、ソーラー充電のほか、手巻き充電もできたので、ラジオを聞くことができました。携帯も使えなくなることも考えると、情報は必要ですので、ラジオは必須ですね。

金曜日の夜には、いくつかのスーパーでも水や手軽に食べられるパンやカップ麺はほぼ完売しており、購入できませんでした。なので、ご飯を2合炊いて備えることに。普段からお水は何本か置いておくことが大切ですね。

台風が去っても、スーパーに物が並ぶまでに時間がかかることも想定しておくと、やはり普段からの準備が大切です。今回の台風ではある程度の予想ができましたけど、地震はムリですからね。

また、お風呂に貯めたお湯は捨てずに備えておきました。水道もきちんと使える状況でしたので、今朝の洗濯に使用しました。

台風は自然災害だから。と終わるのではなく、地球温暖化が影響しているかもしれないと考えて、私たちにできることを心がけていく必要があるのかなと思いました。

レジ袋を使わない。ひとりひとりができるだけゴミが少なくなるように行動するだけでも何かが変わるかもしれません。

今回のことで、当たり前のように思っていたことに改めて感謝の気持ちを抱くことができました。お店にあって当たり前の商品も、配達してくださる人たちがいてこそなのだと。私たちを守ってくださる、警察や救急隊、自治体のみなさんにも本当に感謝です。

被災された方々が少しでも早く日常生活に戻れるよう願うばかりです。また、亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。